<スポンサードリンク>


2011年05月29日

あがり症の治療 さまざまな療法

あがり症の治療にはさまざまな療法が行われています。
たとえば、あがり症の克服に催眠療法が行われています。
あがり症の症状が辛い場合などには、医師の診断による薬物療法も行われます。

あがり症を治療する施設や場所と言えば、やはり病院が一番に浮かびます。
あがり症は心療内科や精神科で診察が受けられます。


これ買ってみました。オススメです。クリックすると画像が大きくなります。

薬物によってあがり症の動悸、手の震え、興奮を抑え、克服しようとするのに使われる薬剤は多岐に渡っています。
精神安定剤を始めとした向精神薬、β遮断薬(βブロッカー)などが知られています。
一方、あがり症の治療を受ける患者を催眠状態にして潜在意識に暗示を与え、治療する方法です。
催眠術師が人を意のままに操る催眠術とは違い、医学的に確立した治療法で、治療は催眠療法士が取り仕切ります。

心療内科は、ストレスから発疹が出たり、胃腸の調子を崩すと言った症状がある場合であり、あがり症の他にも多汗症や過敏性腸症候群、
過食症、夜尿症、月経前緊張症などの治療を受け持ちます。

・・・・
posted by あがりしょうこくふくしょう at 07:47| あがり症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。