<スポンサードリンク>


2011年05月29日

あがり症の治療で薬物治療

あがり症の治療で薬物治療が改善にいかに効果があろうとも、依然して根本的な解決法ではないということを知っておかねばなりません。
薬物治療で良い効果が出ても、今度は薬への依存が高まり、薬なしでは過ごせなくなってしまう可能性があって、服用には充分注意が必要です。
またあがり症の治療施設では、診察は血液検査などの内科の診察から始まり、心の状態についても検査をして、改善を図ります。
たとえば精神科はうつ病や神経症を主に診る科です。
神経科と精神科は使用する薬物に共通した物が多く、両方を併設して事も多いようです。
薬物使用の際には充分に気を配り、身体に負担が掛かるような薬物の服用は避けましょう。
特に妊娠中や心臓病の方は気をつけます。
あがり症の治療を病院で受け、薬物が処方された場合、健康保険が適用されて、およそ3千円前後の治療費となるようです。
初診料が掛かる事を考慮して、初めて医師に診察を受けるには1万円程度あれば充分でしょう。
あがり症の治療では強い作用を持つ薬物も多く、医師の診察が無ければ使用できない物もあります。



・・・・

<スポンサードリンク>



posted by あがりしょうこくふくしょう at 07:29| あがり症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。