<スポンサードリンク>


2011年05月29日

あがり症の治療 さまざまな療法

あがり症の治療にはさまざまな療法が行われています。
たとえば、あがり症の克服に催眠療法が行われています。
あがり症の症状が辛い場合などには、医師の診断による薬物療法も行われます。

あがり症を治療する施設や場所と言えば、やはり病院が一番に浮かびます。
あがり症は心療内科や精神科で診察が受けられます。


これ買ってみました。オススメです。クリックすると画像が大きくなります。

薬物によってあがり症の動悸、手の震え、興奮を抑え、克服しようとするのに使われる薬剤は多岐に渡っています。
精神安定剤を始めとした向精神薬、β遮断薬(βブロッカー)などが知られています。
一方、あがり症の治療を受ける患者を催眠状態にして潜在意識に暗示を与え、治療する方法です。
催眠術師が人を意のままに操る催眠術とは違い、医学的に確立した治療法で、治療は催眠療法士が取り仕切ります。

心療内科は、ストレスから発疹が出たり、胃腸の調子を崩すと言った症状がある場合であり、あがり症の他にも多汗症や過敏性腸症候群、
過食症、夜尿症、月経前緊張症などの治療を受け持ちます。

・・・・
posted by あがりしょうこくふくしょう at 07:47| あがり症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あがり症の最適な治療法や投薬

あがり症の治療で、あがり症が投薬で治る訳ではなく、克服へのきっかけ作りに適した物である事を忘れてはなりません。
あがり症の治療は、医師が患者の話を聞き、それぞれに最適な治療法や投薬を行います。
投薬をせずカウンセリングをして治療を目指すカウンセラーは、公的・民間も含め、たくさんあるようです。

催眠療法と言えば、精神的なトラウマを抱えた方や心の病と治すための治療法としてTVや映画の世界でもリクライニングソファーに座った
患者の側でカウンセラーが話しかけたり、メモを取ったりする治療風景を見かける事が出来ますね。
あがり症の原因が心理的な場合や、思い込みによって起こる方には催眠療法は効果的とされます。
暗示によって意識を変えて克服していく方法であり、薬物療法などでは効果がみられない時に行ってみるのも良いでしょう。
あがり症の治療費はどの程度必要なのでしょう。
あがり症の治療法によっても治療費に差がでます。
あがり症を呼吸法や気持ちをリラックスさせて行う方法では費用は掛かりません。


・・・・

<スポンサードリンク>



posted by あがりしょうこくふくしょう at 07:43| あがり症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あがり症の治療で薬物治療

あがり症の治療で薬物治療が改善にいかに効果があろうとも、依然して根本的な解決法ではないということを知っておかねばなりません。
薬物治療で良い効果が出ても、今度は薬への依存が高まり、薬なしでは過ごせなくなってしまう可能性があって、服用には充分注意が必要です。
またあがり症の治療施設では、診察は血液検査などの内科の診察から始まり、心の状態についても検査をして、改善を図ります。
たとえば精神科はうつ病や神経症を主に診る科です。
神経科と精神科は使用する薬物に共通した物が多く、両方を併設して事も多いようです。
薬物使用の際には充分に気を配り、身体に負担が掛かるような薬物の服用は避けましょう。
特に妊娠中や心臓病の方は気をつけます。
あがり症の治療を病院で受け、薬物が処方された場合、健康保険が適用されて、およそ3千円前後の治療費となるようです。
初診料が掛かる事を考慮して、初めて医師に診察を受けるには1万円程度あれば充分でしょう。
あがり症の治療では強い作用を持つ薬物も多く、医師の診察が無ければ使用できない物もあります。



・・・・

<スポンサードリンク>



posted by あがりしょうこくふくしょう at 07:29| あがり症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。